投資

株価暴落中!?C3AI(シースリー・エーアイ)株を買ってみた

PayPay証券を眺めていたときに、
暴落ランキングに載っていたC3AI(シースリー・エーアイ)が気になって
よく知らないのに買ってしまいました(笑)

なので企業概要や暴落の背景を勉強するために
まとめたいと思います。
日本語の情報が少なく、かき集めた結果なので
内容の信ぴょう性については責任が取れないこと、ご了承ください(汗)

PayPay証券

C3AI(シースリー・エーアイ)って何の会社?

C3AI(シースリー・エーアイ)は法人向けに
AI導入をサポートするソフトウエアを提供しているSaaS企業です。
通常はAIを導入するには、
Pythonをはじめとしたプログラミング言語が扱えるAIエンジニアが必要ですが、
C3AI(シースリー・エーアイ)の提供するソリューションでは
AIエンジニアがいなくてもAI導入~運用ができるのだとか。

ソフトウエアはクラウド上で提供していて
サブスクリプション式の契約、
つまり一定期間利用する権利として定期・定額で料金を支払う方式です。
なので、1度サービスを導入して使い続けてもらえる限りは
安定した収益が見込めます。

顧客は世界中の大企業で、
業種はエネルギー・航空・政府機関などなど様々です。
2009年設立時はエネルギー関連のソフトウエアを扱っていたことから、
エネルギー業界の比率は大きいようです。

2020年12月に株式公開

C3AI(シースリー・エーアイ)は2020年12月9日にニューヨーク証券取引所でIPO実施
IPOからたった2カ月で+50%上昇という、
かなり期待値が高い銘柄として注目されていました。

Pちゃん
Pちゃん
doordashとIPO同期ですね!

1カ月の運用実績公開!Door Dash(ドアダッシュ)株を買ってみた普段は知っている企業の株しか買わないのですが、PayPay証券でたまたま上の方に出てきて興味を持ったのがDoor Dash(ドアダッシュ...

C3AI(シースリー・エーアイ)の株を購入

きっかけはPayPay証券のお知らせメッセージ

私がC3AI(シースリー・エーアイ)の存在を知ったきっかけは、
PayPay証券上で暴落株としてピックアップされていたからです(笑)

お知らせにメッセージで来ていたのですが、
普段はメッセージなんて開けないのになんとなく見て
なんとなく目が合ったのがC3AI(シースリー・エーアイ)だったのです。

Pちゃん
Pちゃん
お恥ずかしながら、企業名すら初耳でした。

Yahoo!ファイナンスでチャートをチェックすると、
確かに2021年2月から株価が暴落している・・・
日経のニュースにも掲載されるほどです。

というわけでこれ以上下がるリスクもあるけれど、
底値の可能性もあるので損して許せる金額で、
さくっと1万円分購入・・・

C3AI(シースリー・エーアイ)暴落の要因

購入したものの、2021年2月になぜ暴落したのかが気になります。
すると、主要顧客がエネルギー・航空業界で
コロナによる打撃を受けているとのこと・・・
その下がり幅はなんと、2021年2月に63%です。

C3AI(シースリー・エーアイ)の未来は明るい!?

買ったはいいものの、株価はどうなるのか・・・
株価を左右しそうな観点を見ていきます。

AIは圧倒的成長産業!

AI市場全体で成長力があり、
2027年までは毎年20%前後の成長が見込める
各所で言われています。

AI市場は3分野に分割すると、
ソフトウエア・ハードウエア・サービス。
中でもC3AIが属するソフトウエアの分野は
AI市場の88%を占めています。

AIサービスはレッドオーシャン・・・?

ホットな成長産業であるということはその反面、競合も多いです。
クラウドAIサービス、というと
かの有名なAmazonのAWSやMicrosoftのAzureなど大御所サービスが点在しています。
知名度でいうとC3AIは劣るかもしれませんが開発スピード・効率の良さが強みで、
AWS・Azureの10~20倍ほどの速さで完成できるようです。

戦略的提携の実施で事業強化!

2019年にはFIS(石油・ガス等)と戦略的提携、
2020年にはMicrosoftとAdobeとパートナーシップ締結、
これらの企業に顧客管理システムを提供することにより、
さまざまなチャネルで営業活動を行えるようになるという狙いです。

また、営業チャネル拡大以外の観点では、
世界最大の油田サービス会社でBakerHughesとも提携しており、
お互いの業績が伸びることで相乗効果を発揮しています。
今後、この2社共同でAIを用いたエネルギー業界初のエコシステムの設立を発表しています。

1社の受注有無に左右される・・・?

C3AI(シースリー・エーアイ)は安定して収益を上げているようですが、
顧客数としては多くなく100社もないくらいです。
なので1社あたりの受注金額が大きく、
各社の受注有無に売り上げが左右されてしまうというリスクがあります。

C3AI(シースリー・エーアイ)株の今後に期待

伸びる要素も、リスクになる要素も持ち合わせている
C3AI(シースリー・エーアイ)株ですが、
こんなに下がっているなら今が底値だと信じ、成長を見守りたいと思います。
1万円だけですし、さらに下がっても仕方なしです(笑)

Pちゃん
Pちゃん
最後まで見ていただき、ありがとうございました!
かなり雑なまとめですが、
なんとなく、わかった、気がします、、、苦笑

PayPay証券